住宅ローンと年収の関係とは?

住宅ローンと年収は大きな関係があります。
お金を借りれば返済がはじまりますので、きちんと返済できるかどうか関心の高いところです。
一般的には毎月の返済額は年収の25%が目安すとされています。
つまり、この目安の範囲内ならどうにかやりくりできるでしょうという話なのですが、これはあくまでも目安ですので、30%でも審査を通過することもあります。
しかし、この25%はあくまでも目安であるということを意識する必要があります。
これから先のことを考えていくと、決して楽な数字ではないのです。
将来に向けて貯蓄もしなければなりません。
もしかしたら子供が大学の医学部を目指すかもしれませんので、ある程度の余裕は欲しいところです。
目安がわかればおおよその借入可能額が計算できますが、可能額を目いっぱい利用するというのではなく、自分の希望する住宅はいくらぐらいが相場なのかという視点で考えなければなりません。
目いっぱい利用すると、将来返済困難になる可能性もあり得ると自覚しましょう。