住宅ローン借り換えで抵当権はどうなる?

住宅ローンは多額の融資を受け長期にわたって返済するものですから、クレジットやカードローンのようなわけにはいきません。
借り手である債務者が何らかの事情で返済が困難になった場合、貸し手である債権者に弁済する手段を確保しておかないと多額の損害が発生してしまうので、債権者は安心して融資ができなくなってしまいます。
そのための補償手段が「担保」です。
債務者に返済不可能な状態が発生した場合、担保を処分して弁済にあてる目的で設定される対象のもので、住宅ローンや借り換えの際には対象となる物件があてられます。
対象物件を担保にした場合、「抵当権」が発生します。
債務者はその物件を使用できますが、債務不履行が発生した場合は競売にかけるなどで処分し弁済費用に充てることが許されています。
担保は複数件設定でき、設定された順番に「1番抵当権」「2番抵当権」という順位がつきます。
住宅ローン借り換えランキング!金利と手数料一番お得は?【銀行比較!】