火災保険は延焼を受けた時のためにも必要!

隣の家の火事で、自分の家が焼けてしまったらどうなるのでしょうか。
隣の家が原因なのだから、自分の家の火事も補償してもらって当然と考えている方も多いと思います。
しかし住宅が密集している地域の場合、大きな火事になってしまったら、火事元の家も全ての賠償ができかねるという事情があります。

そのために、通常では、加害者が賠償責任を追うものですが、火事については、「失火法」という法律が制定されており、万が一隣の家に被害をもたらしてしまっても、賠償する必要がないことが定められているのです。
つまり、自分の家は、たとえ隣の家が原因であっても、火災保険をかけて守らなくてはいけないというわけです。
自分の家はオール電化で、喫煙者もいないから大丈夫!と思っても、どこから被害が来るか分かりません。
最低限の保険はかけておくことが必要です。