フラット35Sとは?

フラット35Sとは、長期固定型の住宅ローンであるフラット35の一種で、省エネルギー性や耐震性を兼ね備えた住宅において、一定期間の金利引き下げが適用されるという商品のことです。
近年はエコロジーや防災の視点からこのような機能を採用した住宅が多くなってきていますので、新しく住宅を建てる場合にはこのフラット35Sの適用範囲内となる可能性が高いですので、住宅ローンを組む際には選択肢のひとつとして考慮しておくと良いでしょう。
ただしフラット35Sには定められた予算金額がありますので、その予算金額に達した場合は新たに申し込むことは不可能となります。
こうした条件付きではあるものの、高額な買い物である住宅ローンの金利に関わるものですので、可能であれば利用するに越したことはありません。
より良い住宅購入の手段として、是非活用して頂きたいところです。