中古マンション住宅ローン-ローン借入期間とは?

中古マンションを住宅ローンを利用して購入する場合の注意点として借入期間、返済終了時のマンション価値を考える必要があります。
一戸建ての場合は、家屋部分は30年で価値が無くなり、土地の部分が売却可能な試算として残るであろうと想像がつきやすいですが、マンションの場合は果たして何年住めるのか、売る際はいくらになるのかということが非常に難しい問題となります。
特に中古マンションの場合、本人の支払いは35年出来るとしても、マンションが35年後にどうなっているのかは非常に大きな問題です。
住宅ローンを払い終えた途端に住めない状態であり、立て直しでまた費用がかかるという事も起こりえます。
その為、ローン終了時のマンションの築年数、その後の資産価値も考えた上での借入期間の設定が必要です。
土地購入ローン諸費用